月別アーカイブ: 2016年6月

進学するために背負った500万

私は、早18歳にして約500万円の借金を抱えました。

それも、大学に進学するためです。「特別お金持ち」とまではいきませんが、ピアノやバイオリン、新体操など少しお金のかかる習い事もさせてもらっており、普通の家庭でしたが、何不自由なく幼少期を過ごしました。

小学校、中学校と公立校に通いました。

私は、中学校受験に失敗しており、「高校受験も同様に落ちてしまったらどうしよう」その不安しかありませんでした。模試の結果や先生との面談でも「第一志望の公立校はほぼ問題なく行ける」と言われてきましたが、自分自身の能力も先生たちの言葉も信用できず、不安だけが募りました。
そして、私は「私立校の単願」という確実な道をすすみました。

ここら辺から私の家は崩壊していったのではないかと思います。
親から聞いた話では、中学受験で100万円、高校受験で200万円、高校在学中で300万円近くお金がかかっていたそうです。幼少期に何不自由なく、むしろ「やりたいことは全てできた」ので、友だちよりも「お金持ち」意識があったのだと思います。

なので、中学受験や私立高校への進学も問題ないと勝手に思っていましたが、現実は違いました。私の進学費用が思いのほかかさみ、また、父の給料も思うように上がらない、ボーナスの大幅減額などの煽りを受け、家計の状態はあっかの一途を辿りました。

高校では、周りの友人が当たり前のように大学進学を考えていたため、自分自身も大学進学が当たり前と思っていました。

しかし、私の両親は私の大学進学は想定していなかったようで、準備していませんでした。将来のことを考えると、4大卒と高卒の学歴差は大きいと思い、教育ローンと奨学金を借り、私立大学へ進学しました。総額500万円超えています。

ローンや借入に関して詳しく書かれているサイトがありました。⇒借入とは

私のした選択が正しかったのかどうかはまだ不明ですが、毎月3万円の返済をしています。正直、3万円という返済は私にとってかなりの負担です。「大学進学していなければ、この負担もなかったのに」と何度も思いましたが、進学してしまった以上、返済するしかないという事実に最近やっと向き合えてきたかと思います。学ぶためにも何をするにもお金が必要ということですね、かなり酷な世界です。