私が絶対に誰にも言えないこと

絶対に言えない、言ったら周りの人たちはあまり良い気分にはならないだろうと思うからなおさら言えないです。
それは、「彼氏がいるのに違う人を本気で好きになってしまうこと。」です。少々惚れっぽいところがあり、これまでもこの人好きだなあと感じて、好きになった男性に話しかけたり、視線を送ったりとしてました。しかしそれはまだ本気になっていなくて、むしろ恋愛を楽しんでいる感じです。ドキドキ感がたまらないです。そしてとうとう一緒にいたいと願うほどの本気の恋をしてしまいました。付き合っている恋人とは三年間付き合っていていますが一年前から連絡を取っていません。なぜなら恋人でもよくありがちな単純な喧嘩です。喧嘩をいつまでも引きずって連絡を絶って一年です。その一年の間に本気の恋をしてしまいました。恋人のことは好きというわけではありませんが毛嫌いするほどでもなく、二人の人を同時に本気で好きになってしまっています。しかし可能性としては三年付き合っている人とは別れる方向に雰囲気がただよっていて、好都合といえば好都合とかんげえてしまう自分も他の人には言えません。本気の恋をしたからこそ自分でも驚くほどのブラックなところが出てしまっています。絶対他の人、ましてや好きな人には口が裂けても言えないことです。
三年付き合っている彼は、執着心が強く、息苦しさも感じており、交際に関してすごく自分に無理がかかっているようにずっと感じていました。そんな心情を抱えて悩んで弱っていた自分に優しくしてくれたら、心惹かれてしまいます。私が新たに好きになった人も、最初に合った時から頻繁に:声をかけてくれたり、心配してくれたり、一緒に帰ったりとしてくれて、その人のおかげで暗闇から出てこれたようで、毎日笑顔になりました。もし彼氏がこの人だったら、と考えるようにもなり、幸せでもあり、そんな自分にも嫌悪感があり、相談するにも誰にも言えないです。