進学するために背負った500万

私は、早18歳にして約500万円の借金を抱えました。

それも、大学に進学するためです。「特別お金持ち」とまではいきませんが、ピアノやバイオリン、新体操など少しお金のかかる習い事もさせてもらっており、普通の家庭でしたが、何不自由なく幼少期を過ごしました。

小学校、中学校と公立校に通いました。

私は、中学校受験に失敗しており、「高校受験も同様に落ちてしまったらどうしよう」その不安しかありませんでした。模試の結果や先生との面談でも「第一志望の公立校はほぼ問題なく行ける」と言われてきましたが、自分自身の能力も先生たちの言葉も信用できず、不安だけが募りました。
そして、私は「私立校の単願」という確実な道をすすみました。

ここら辺から私の家は崩壊していったのではないかと思います。
親から聞いた話では、中学受験で100万円、高校受験で200万円、高校在学中で300万円近くお金がかかっていたそうです。幼少期に何不自由なく、むしろ「やりたいことは全てできた」ので、友だちよりも「お金持ち」意識があったのだと思います。

なので、中学受験や私立高校への進学も問題ないと勝手に思っていましたが、現実は違いました。私の進学費用が思いのほかかさみ、また、父の給料も思うように上がらない、ボーナスの大幅減額などの煽りを受け、家計の状態はあっかの一途を辿りました。

高校では、周りの友人が当たり前のように大学進学を考えていたため、自分自身も大学進学が当たり前と思っていました。

しかし、私の両親は私の大学進学は想定していなかったようで、準備していませんでした。将来のことを考えると、4大卒と高卒の学歴差は大きいと思い、教育ローンと奨学金を借り、私立大学へ進学しました。総額500万円超えています。

ローンや借入に関して詳しく書かれているサイトがありました。⇒借入とは

私のした選択が正しかったのかどうかはまだ不明ですが、毎月3万円の返済をしています。正直、3万円という返済は私にとってかなりの負担です。「大学進学していなければ、この負担もなかったのに」と何度も思いましたが、進学してしまった以上、返済するしかないという事実に最近やっと向き合えてきたかと思います。学ぶためにも何をするにもお金が必要ということですね、かなり酷な世界です。

私のムダ毛処理について。

小さい時から毛が濃かった私。
毛が気になり出したのは小学校の高学年になった時ぐらいでした。

家のお風呂場にあったT字のカミソリで剃ってみたところ、とてもツルツルになって嬉しかったのを覚えています。

が、当時の私は石鹸を付けて剃るっていう考えは全くなく何も付けずに剃った結果、後々ものすごいヒリヒリしました。
でもそんなことより、全く毛がなくなった事がとにかく嬉しかったです。

中学生になって、制服での登校になり毎日かかさずお風呂場で毛を剃っていました。
ですが、私の毛はとにかく剛毛なので夜に剃っても次の日の朝には既にチクチクでした。

母の化粧品ボックスを漁ってみると、見つけました。
脱毛テープ。

よし、これだーと思ってやってみると私のすね毛の中でも細い毛はしっかり抜けてました。
剃るのに比べたらカミソリ負けもないし、毛が生えてくるスピードも遅かったです。

だけど、細い毛は抜けるけど、太い毛は抜けない。
すると見つけたんです。

母の化粧品ボックスに入っていた脱毛器。
試しにやってみると、太い毛も抜けるー!!

もう、すごい感動しました。
ですが、メチャクチャ痛かったです。

1週間に1回ぐらいのペースで脱毛器にはお世話になっていました。
そして高校生になると薬局で除毛クリームを見つけ、購入してみました。

足に除毛クリームを塗って、5分程放置。
そのあと、専用のスポンジで拭き取る。

細い毛も太い毛も見事に抜け落ちました。
除毛クリームは、毛を抜くと言うより毛を溶かす?のかなーって感じでした。

そして、美容の専門学校に入学し、授業で脱毛の授業をやりました。
ニードルを毛穴一つ一つに入れて毛根に電流を流すと言う方法でしたが、とても時間のかかる脱毛方法だと思いました。

色々なムダ毛処理の方法を昔から試してきましたが、私が今までやってきたムダ毛処理の中では除毛クリームが一番痛くもなくよかったのかなと思います。

最終的には、レーザーで脱毛しようと考えています。脇や足だけでなく、VIOライン(VIO脱毛は医療レーザー脱毛が確実!どんな形にする?)の脱毛でしてみたいです。

稼いでもダメだったら借りる

お金が無くて困ったときの対処法は、ずばり、極限まで使わずに耐えて、稼げるのならば稼ぐ、です。

極限まで使わないというのは、ひたすら我慢する事。

ダイエットができると思い込み、食費をカットします。おすすめ食材は貧乏食事の救いの神「もやし」です。もやしでお腹をふくらませます。

試食コーナーに挑むのも手ですが、目をつけられるのであまりおすすめはしません。潔く空腹を我慢しましょう。

また、光熱費などもギリギリまで抑えるため、節水・節電を徹底します。

暖房や冷房は全てストップ!重ね着と毛布、団扇で乗り切りましょう。

ここまでは節約についてでした。

次は稼ぐ方です。

ネットが繋がる環境ならば、何か記事を投稿して稼げるようなサイトにひたすら投稿し、少しでも稼ぐのです。

日雇いのアルバイトがあれば、すぐさま受けに行き、働きます。

丸1日働けば、日給にして8,000~10,000円は入手できます。

履歴書のいらない単発アルバイトも結構出ているようなので、探してみると良いです。

これらの仕事を探すにも、ネットが無い事には手も足もでないかもしれません。

もし、そのような環境になければ、歩くのです、街を。

飲食店のドアなどにはアルバイト募集の広告がでている事が多いので、そこで交渉してみましょう。

お店によっては1週間単位などでお給料をくれるところもありますし、まかないつきという嬉しい特典がついてくるお店もあります。

以上が、稼ぐ事についてでした。

この2つのやり方は、人に頼らない方法です。

お金が無くなると誰かに借りるという事が脳裏に浮かぶでしょう。

勿論、緊急事態ならば知人やキャッシングセンターなどで必要最低限の金額を借りる事が必要なときもあるでしょう。

私は専業主婦をしていうのですが、専業主婦でも銀行系のカードローンだと、お金を借りることはできるのです。

主婦キャッシング※収入のない専業主婦でもお金を借りれる

しかし、借金は、どんなに小さくても返すのが大変ですし、心も落ち着きません。

自分でできる限りの努力はするべきです。

節約だって、その時の奮起したアルバイトや内職だって、自分次第でできる事です。

私は個人的には人の力に頼りたくないので、節約と稼ぐ事を実行し、その場をしのげたら、と思います。

仕事がヒマという、贅沢な悩みです

今の悩み、それは「仕事がヒマなこと」です。
贅沢な悩みだとはわかっています。

数ヶ月前に、現在の職場に転職しました。
以前に取得した資格を活かして、ずっとやりたかった仕事に就けて、
はりきっていたのですが。

実際、仕事がはじまってみたところ、思っていた程、仕事がないのです。
どうやら、上の方々が見切り発車してしまったようで、
現場での体制が整わないまま、私が配属されてしまっていました。
なので、どこまで仕事を振り分けるのかあいまいなまま。
さらに、既存のスタッフでも十分対応可能だった仕事なので、
そりゃ、なかなか私の出番はないのです。

最初は、
慣れるまでは様子を見るため、
関係先にご挨拶してから、
など、気を使ってくださっているところもあったようですが。

結局、私に仕事を振ってしまうと、
自分たちの仕事がなくなってしまうし、
振ること自体が手間と考えてもいたようです。

気を使って話しかけてはくれるのですが、
仕事の振り分けをどうするかが解決していなかったので、
周りもどこまで教えてよいのか、
指示してよいのか、私の扱いに困っているようでした。

居るだけでお給料はもらえるのですが、
居てもやることがない。
とにかく、ヒマすぎるのです。
毎日時間が長く感じられるし、
この状態がいつまで続くのか不安でした。

前の職場が、繁忙期には残業休日出勤も多く、
ヒマなことに慣れていなかったため、
どうしてよいか、戸惑っていました。

なので直属の上司に許可をとり、
ヒマなときは、情報収集や勉強をしていました。
お給料をもらっている限り、
ヒマなことに耐えることも仕事だと思うことにしました。

今は、少しは仕事が割り振られるようになり、
その少しの時間にやりがいを感じています。

お給料も前職より増え、忙しさに振り回されることはなくなったものの、
このヒマな時間をもてあます日々は、やっぱりつらいですね。
最近、関連資格を取得するための勉強も始めました。
目標が出来たら、ちょっと気が楽にはなりました。

なんか時間があるから考え事をしたりして・・・最近心臓ドックっていうのに行ってみようかなって考えてます。

心臓ドック※心臓病(心筋梗塞・狭心症)の早期発見で突然死を防ぐ

最近芸能界でも病気のこととかが多いから自分の身体も少し心配になっちゃって・・・

Vラインを脱毛するぞ

Vラインに特化した脱毛であるなら、数千円ほどでできるとのことです。VIO脱毛に初めて挑戦する場合は、まず最初はVラインのみの脱毛から取り組むのが、コスト面では抑えられるに違いありません。

今日では全身脱毛の価格も、サロン別に安い金額に設定して、若年層でも大した苦も無く脱毛できる金額になりました。全身脱毛が、前より身近になったと考えていいでしょう。

全身脱毛するのに要する時間は、エステサロンや施術施設一つ一つで少しだけ異なると言われますが、2時間程度要するというところが大半です。

VIO脱毛サロンをチョイスする時に迷ってしまう点は、銘々で目的とする脱毛プランはまちまちだということです。VIO脱毛と申しても、ハッキリ言って誰しも同一のコースを頼めばいいとは限らないのです。

ムダ毛処理に何よりも使われるのがカミソリではあるけれど、現実的には、カミソリはクリームや石鹸でお肌を守りながら使っても、ご自身の表皮の角質が削り取られてしまうことが分かっているのです。

自分流のメンテナンスを継続することから、表皮にダメージをもたらすことになるのです。脱毛エステに行けば、このような懸案事項も解決することができると断言します。

そろそろムダ毛の脱毛がお望みなら、始めのうちは脱毛サロンに足を運んでみて、ムダ毛の状態をご覧になって、次の段階でクリニックにてレーザー脱毛に取り組むのが、最も良いと思われます。

これまでより全身脱毛を浸透させるのに役立ったのが、よく聞く月額制全身脱毛ですよね。月に約10000円の出費で全身脱毛を行なえるのです。詰まるところ月払い全身脱毛メニューとなるわけです。

やってもらわない限り判定できない担当者の対応や脱毛能力など、体験した人の胸の内を理解できる評定を判断基準として、外れのない脱毛サロンを選択してください。

エステを見極める局面での評定規準が明瞭になっていないという声が多くあります。なので、口コミで高く評価されていて、費用面でも満足のいくお馴染みの脱毛サロンを掲載しております。

生理の際は、おりものが恥毛に付いてしまって、蒸れなどが生まれます。VIO脱毛によって、痒みであるとか蒸れなどが消えたとおっしゃる人も多いと言われています。

日焼けでお肌がヒリヒリ状態の場合は、「脱毛できません!」と言われてしまうのが一般的ですから、脱毛する方は、丹念に紫外線対策と向き合って、あなたの肌を整えるようにしたいものです。

TBCの一押し商品「両ワキ脱毛通い放題プラン」は、追加費用不要で何度も脱毛もできます。尚且つ顔又はVラインなどを、まとめて脱毛するといったプランも見られますから、いろいろと融通がききそうです。

『毛周期』に従って、ムダ毛をきれいにしている脱毛エステサロンもあるのです。肌へのダメージをほとんどなく、脱毛結果も間違いないようで、女の方におきましては、一番の脱毛方法だと考えても良さそうです。

全般的に評価されているとしたら、効き目があると考えてもよさそうです。評定などの情報を判断材料にして、みなさんに適応した脱毛クリームを選択して下さい。

レーザー脱毛を岡山で受けたいという方は、こちらのサイト(医療レーザー脱毛岡山|美容クリニックで永久脱毛に挑戦してみた)を参考にしてください。岡山にもいろいろレーザー脱毛を受けれる所があるけど、どこがいいかはイマイチ分かりませんからね。

私が絶対に誰にも言えないこと

絶対に言えない、言ったら周りの人たちはあまり良い気分にはならないだろうと思うからなおさら言えないです。
それは、「彼氏がいるのに違う人を本気で好きになってしまうこと。」です。少々惚れっぽいところがあり、これまでもこの人好きだなあと感じて、好きになった男性に話しかけたり、視線を送ったりとしてました。しかしそれはまだ本気になっていなくて、むしろ恋愛を楽しんでいる感じです。ドキドキ感がたまらないです。そしてとうとう一緒にいたいと願うほどの本気の恋をしてしまいました。付き合っている恋人とは三年間付き合っていていますが一年前から連絡を取っていません。なぜなら恋人でもよくありがちな単純な喧嘩です。喧嘩をいつまでも引きずって連絡を絶って一年です。その一年の間に本気の恋をしてしまいました。恋人のことは好きというわけではありませんが毛嫌いするほどでもなく、二人の人を同時に本気で好きになってしまっています。しかし可能性としては三年付き合っている人とは別れる方向に雰囲気がただよっていて、好都合といえば好都合とかんげえてしまう自分も他の人には言えません。本気の恋をしたからこそ自分でも驚くほどのブラックなところが出てしまっています。絶対他の人、ましてや好きな人には口が裂けても言えないことです。
三年付き合っている彼は、執着心が強く、息苦しさも感じており、交際に関してすごく自分に無理がかかっているようにずっと感じていました。そんな心情を抱えて悩んで弱っていた自分に優しくしてくれたら、心惹かれてしまいます。私が新たに好きになった人も、最初に合った時から頻繁に:声をかけてくれたり、心配してくれたり、一緒に帰ったりとしてくれて、その人のおかげで暗闇から出てこれたようで、毎日笑顔になりました。もし彼氏がこの人だったら、と考えるようにもなり、幸せでもあり、そんな自分にも嫌悪感があり、相談するにも誰にも言えないです。